働く楽しみを知る
先輩職員の声
大幸福祉会ならではの楽しみ

先輩職員の声

先輩社員
南 博貴
塚本芽衣
古堅優奈

 

南 博貴
ローズラウンジ

故郷を離れて県外の名古屋で就職をしようと思ったのはなぜ?

母が介護の仕事をしていたので、自分も介護の仕事がしたくて地元で就職先を探していたのですが、なかなかピンとくる施設がなくて……。そんなときに出会ったのが大幸福祉会でした。

名古屋での暮らしはどうですか?

同期も多く、寂しさは全く感じていません。いつも気軽に仕事やプライベートのことを相談できるので心強いですね!

先輩方もすごく優しくて、何度もプロ野球観戦にも行きました。元野球部だったということで誘ってもらえたのかもしれませんが、すごく楽しかったです。

休日には名駅やイオンなど買い物に行ったり、ライブに行ったりしています。


働いてみての感想は?

最初はわからないことばかりでしたが、きちんとした研修があったので、スムーズに現場に入れたと思います。入職1年目から、新設されたデイサービス「ローズラウンジ」で立ち上げから経験させていただけるなんて思いませんでした!


大幸福祉会ってどんな職場?法人?

一言で言うのは難しいくらい、いろいろなことが充実しているんです。たとえば、利用者の方はもちろんのこと、地域の方や家族の方ともとてもつながりが深かったり。

また、毎月職員同士の自主勉強会があるので、介護に関するスキルアップができたり、先輩の技術や知識を教えてもらう機会も多いです。何かと先輩が気にかけてくれますし、とても働きやすいですね。自分の力を向上させようと思ったら、どこまでも頑張れる職場だと思います。


仕事のやりがいを感じるのはどんなとき?

やっぱり利用者の方から「ありがとう」と言っていただけたときですね。

1年目から新しい施設の立ち上げを担当させていただけたのもやりがいがありました。毎日が学びの連続です。


今後の目標は?

直近の目標としては、勤務しているローズラウンジの利用者の方にもっと信頼していただくことです。あとは、介護福祉士の資格も取得したいと考えています。


後輩へのメッセージ

資格サポートなどの制度もあるので、僕のように無資格でも成長できる職場です。自分自身、人間性の面も1年で大きく成長したと感じています。先輩も優しいですよ!


 

 

塚本芽衣

故郷を離れて県外の名古屋で就職をしようと思ったのはなぜ?

実は私、ボイメン(BOYS AND MEN)の大ファンで。学校で幸楽荘の求人を見たときに名古屋ならライブに行けるなと思ったのが興味を持ったきっかけなんです(笑)。

高校で介護を学んでいたので、介護の仕事をするのは自分にとって当然の流れ。数多くある施設のなかでこちらを選んだのは、気軽にライブに行ける名古屋で、高校の同級生も就職するので心強いと思ったからです。幸楽荘は寮があったり福利厚生面での待遇が良かったのも大きなポイントでした。


名古屋の暮らしはどうですか?

休日にはライブに行っています!イオンに買い物に行ったり、同期と出かけることも多いです。

寮生活は快適ですし、不自由もしていないですが、自分の部屋の掃除はもっとちゃんとしなきゃ……と思っているところです。


働いてみての感想は?

介護の道に足を踏み入れたきっかけは、姉が介護の仕事をしていたからという単純な理由でした。実際に働いてみると、嬉しいことや大変なことが見えてきて、やりがいのある仕事だなと感じています


大幸福祉会ってどんな職場?法人?

現場には優しい先輩もいますし、同期の仲間もたくさんいます。いざ働き始めてから1人で悩む……ということは少ないと思います。しっかり休みも取れますよ!


仕事のやりがいを感じるのはどんなとき?

やっぱり「ありがとう」という言葉をいただけたときです。介護の仕事をやっていて良かった、と思います。


今後の目標は?

具体的な目標まだ考え中です。まだまだ今の仕事や、職場に慣れるので精一杯。もう少し落ち着いて、今の仕事ができるようになったらじっくりと将来のことを考えたいです。


後輩へのメッセージ

地元を離れて就職をしようと思ったとき、中途半端な気持ちなら辞めた方がいいと思います。

親元を離れるということは、物理的に距離が離れてしまうため、すぐには帰れません。自分の目で見学をしたり情報収集した上で、きちんと自分の気持ちと向き合って覚悟を決めることが大切ですよ!


 

 

古堅優奈

故郷を離れて県外の名古屋で就職をしようと思ったのはなぜ?

親元を離れて暮らしたかったというのが大きな理由です。

空港から名古屋に向かう日は、号泣する母と涙…涙…の別れでしたが、やっぱり来て良かったと思っています。


大幸福祉会を選んだ理由は?

実は就職先を探すにあたって、他にも3つほど施設見学をしたのですが、大幸福祉会の理念が実際に現場職員の方一人ひとりに徹底されていたと感じました。働く姿もイキイキとしていて魅力的に映ったんです。それと、同じ高校から就職する同級生がいたのも大きかったと思います。


名古屋の暮らしはどうですか?

就職直後は、研修の毎日であまり名古屋ライフは満喫できていませんが、今はあちこちに出かけています。

イオンに行ったり、自炊してお弁当を作ったり、空き時間は充実して過ごせています。朝晩と職場で食事がとれるのも助かっています。


働いてみての感想は?

先輩たちは、皆さんすごく優しかったです。介護職員初任者研修を受講させて頂き特養(第二幸楽荘)で勤務した後、グループホームの開設に携わらせて頂き今に至っています。

初心を忘れず、少しずつ経験を積んでいきたいです。


今後の目標は?

まずは介護福祉士の資格を取得するのが当面の目標です!

将来地元に帰るかどうかはまだ決めていませんが、とにかく今できることを一生懸命頑張って、利用者様に喜ばれるケアができるようになりたいです。

デイサービスなどいろいろな介護サービスの経験も積んでみたいですね。


後輩へのメッセージ

県外就職はおすすめです。

私も最初は、地元からはるばる名古屋に来ることは想像していませんでした。不安もありましたが、学べる環境と一緒に頑張れる仲間、そして学んだことが活かせる機会が、大幸福祉会にはたくさんあると思います。

経験を積みたいと思っているなら、まずは見学してみるのが良いですよ!


 

福利厚生

大幸福祉会ならではの楽しみ

ナゴヤドームで野球観戦【動画】

福利厚生の一環として職員とナゴヤドームに野球観戦に行ってきました。

全国のリゾート施設がお得に!

全国各地のリゾートホテルが利用できる会員権を所有。
職員同士、友達、家族、もちろん一人でも利用できます。
海・山・湖を眺めたり、テニスやゴルフ、スキー、マリンスポーツを楽しんだりできます。